女子バレー冨永こよみは結婚して旦那がイケメン?性格は全日本の中でも我慢強い?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いよいよ9/5よりグラチャンバレーが開幕します。

女子バレーボール全日本メンバーで活躍が期待されるのが上尾メディックス所属のセッター冨永こよみ選手です。

そんな冨永こよみ選手に彼氏がいるのか?または結婚して旦那さんがいるのかを調べてみました。

またプロフィールや詳しい経歴などもご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冨永こよみのプロフィール・経歴

プロフィール

出典:http://www.achs.jp/medics

生年月日:1989年5月1日

出身地:東京都狛江市

身長:175cm

体重:67kg

血液型:B型

経歴

バレーボールを始めたきっかけ

2017年8月現在で28歳の冨永こよみ選手。

年齢は若いですが、バレー選手としてはもうベテランですね。

冨永こよみさんがバレーを始めたきっかけは姉の影響だったようです。

小学生3年生の時に姉がバレーボールをしていたことから冨永こよみ選手はバレーボールを始めました。

やはりトップアスリートは幼い頃からその競技を始めているのがほとんどだと思います。

冨永こよみさんも例に違わず、身近な存在のお姉さんがきっかけで幼少期にバレーボールを始めたということですね。

このときにバレーボール以外の事をやっていたらどんな人生を辿っていたんでしょうね。

幼少期は周りからの影響で何かを始めることが多いでしょうから、代表にまで昇りつめた冨永こよみ選手にとってバレーボールとは運命の出会いだったと感じます。

非凡だった学生時代

現在代表で活躍している冨永こよみ選手ですが、学生時代からもその実力を発揮しておりました。

エースアタッカーとして中学生時代はJOC最優秀選手やオリンピックの有望選手に選ばれており、高校では下北沢成徳高等学校で全日本ジュニア代表の一員として、アジアジュニア選手権や世界ジュニア選手権などの国際大会にも参加しております。

セッターへ転向

出典:http://www.geocities.jp/

その後2008年にパイオニアレッドウィングスに入団。

この際にセッターに転向します。

元々アタッカーとして活躍していただけに何故セッターに転向したのでしょうか?

ハッキリとした理由はわかりませんでしたが、おそらく将来を見据えて大きな期待があってのポジション転向だったのだと思われますね。

2009年グラチャン大会では、眞鍋ジャパンの新体制の元、冨永こよみ選手はセッターとして代表に選出されます。

その後所属チームのパイオニアレッドウィングスでは2011年の6月より副主将をとなり、2012年6月からはコートキャプテンを務めるようになりました。

ただ冨永こよみ選手はセッターに転向してからはかなり苦労を重ねてきたようです。

チームは中々結果が出ずに最下位に沈むこともありました。

スポンサーリンク

人生最大の大怪我

そして2012年12月8日のVプレミアリーグの対岡山戦でバレー人生で最悪とも言える大怪我に見舞われます。

ブロックをして飛んだ後、着地と同時に突然倒れ込む冨永こよみ選手。

コート上で冨永こよみ選手は苦痛の表情を浮かべており、当時の状況を知る人の話しでは、怪我の様子がただ事ではないというのがスグにわかったそうです。

その後「アキレス腱断裂」という正式発表があり、長期の離脱を余儀なくされました。

バレーボール選手はあれだけ高く飛ぶので着地の際の足への負担は相当なものなのでしょう。

普段からかなり体を鍛えているにもかかわらずこういった大怪我を負ってしまうのですから、選手は怪我をする恐れとも戦わないといけないのですね。

体を鍛えるのは当然として、精神面もかなり強く持っていないとスポーツ選手はトップでは活躍できないのだとつくづく感じます。

大怪我からの復活

そして2013年、第68回国民体育大会バレーボール競技で見事復帰を果たした冨永こよみ選手。

出典:https://twitter.com/hashtag/

この大会では12年ぶりの優勝を飾る立役者として活躍しました。

厳しいリハビリなど、怪我の後はかなりつらい日々が続いたでしょうが、それを乗り越えて復帰し、さらに大会で結果を残した冨永こよみ選手の姿は本当に素晴らしいですね。

再びどん底へ

しかし、その後はまたバレーボール選手としてはつらい現実に直面します。

パイオニアレッドウィングスはVリーグでの成績が振るわず、2013/2014シーズンは3勝25敗という最悪の結果での最下位で終わりました。

そして下部リーグのチャレンジリーグへの降格が決まり、その後パイオニアレッドウィングスは廃部へと追い込まれます。

自分のいたチームの成績が悪いだけではなく、廃部になってしまった選手の心境はどんなにつらいものなのでしょうか。

特に中心選手だった冨永こよみ選手は大きな責任を感じていたでしょうね。

上尾メディックスへ移籍

数多くの選手の移籍先がどうなるかわからない状態になりましたが、冨永こよみ選手は上尾メディックスへの移籍が決まりました。

出典:http://www.achs.jp/medics/

移籍初年度はチームが好調で、控えが多いながらもここぞという場面では活躍した冨永こよみ選手。

この年にVプレミアリーグに昇格したばかりのチームは3位になる躍進を見せました。

しかしその後上尾メディックスでも試練が待ち受けます。

次の2015/2016シーズンではチームが中々調子に乗れず、チャレンジリーグに降格。

冨永こよみ選手はこの上尾メディックスでもチームが降格してしまう状況に見舞われました。

冨永こよみ選手だけのせいでは決してないでしょうが、自分の所属チームが降格の憂き目にあってしまうと、自分のせいではないかと相当落ち込んでしまうでしょうね。

チーム降格からの転機

しかし後々、この上尾メディックスの降格が冨永こよみ選手にとって良い転機となりました。

上尾メディックスはチームの降格によって主力選手が次々と退団します。

そうしてチームに残された冨永こよみ選手にレギュラーとして試合に出場するチャンスが巡ってきました。

Vプレミアリーグの下のリーグであるチャレンジリーグでは上位実力だった上尾メディックス。

唯一のライバルチームがデンソーエアリービーズで、このチームに優勝は譲ることになりますが、Vプレミアリーグ昇格をかけたチャレンジマッチでは岡山シーガールズとの戦いを制し、見事Vプレミアリーグ復帰を果たします。

このシーズンはレギュラーでセッターという司令塔の役割として冨永こよみ選手は大活躍しました。

7年ぶりの代表復帰

この上尾メディックスでの活躍が認められて、冨永こよみ選手は実に7年ぶりに日本代表に復帰します。

出典:https://www.jva.or.jp/i

セッターでは強力なライバルである宮下遥選手とポジションを争うことになりますが、宮下遥選手とは切磋琢磨してお互い良い刺激になる関係であってもらいたいものです。

冨永こよみ選手の性格は?

しかしこれだけ大怪我やチームの浮き沈みを経験すると人間かなりへこむでしょうが、それを乗り越えてきた冨永こよみ選手はすごく精神的にタフなのでしょうね。

ファンをすごく大事にしているようですし、性格も誠実で日本代表の中でもすごく前向きで我慢強い良い性格なのだと勝手に感じました。

9/5から始まるグラチャンバレーで冨永こよみ選手の活躍には期待しております。

スポンサーリンク

冨永こよみの彼氏は?結婚して旦那がいる?

バレーボール選手としては大活躍の冨永こよみ選手ですが、プライベートでは彼氏、もしくは結婚して旦那さんはいるのでしょうか?

冨永こよみ選手は美人なのでイケメンな彼氏や旦那さんがいてもおかしくないですが、現在のところ正確な情報というのがキャッチできておりません。

ただ、上尾メディックスの公式プロフィールでは、

好きな色 /
ネイビー、グリーン
好きな音楽 /
アーティスト:安室奈美恵 好きな曲:Contrail
好きな言葉 /
ありがとう
上尾のお気に入りの場所☆ /
丸山公園 BBQ広場・アスレチック・動物広場もあります!
OFFの日の過ごし方♪ /
神宮球場でヤクルトの応燕(おうえん)!!!
家事全般・買い物・美容室など
試合前に必ずすること /
家族に「頑張ってきます」とLINEや電話をする
次の背番号注目プレー! (背番号 3 →さつき )/
左利きなのでトスをあげるかツーを打つかわかりにくいです!うらやましい ストレート方向のサーブはピストルの様に鋭い!!!
今シーズンの目標 /
プレミア奪還

ファンへの一言

私たちはプレミア奪還に向け前向きに頑張っています。ぜひみなさんの力を借してください!!会場に来て下さい!

と、「家族に頑張ってきます、とLINEや電話をする」とありますので、ひょっとしたら旦那さんかも?という可能性はわずかながらございます。

ご両親やお姉さんの可能性が高いですが…。

今回のグラチャン大会で活躍すれば、また新しい情報が入ってくるかもしれません。

今後冨永こよみ選手の熱愛や結婚の報道があることを楽しみにしましょう。

まとめ

バレーボール選手として紆余曲折を経験してきた冨永こよみ選手。

今年に入って7年ぶりの代表復帰ですが、今までの経験が日本代表のコートで生かされることを願って活躍を期待しております。

今後の冨永こよみ選手のプレーに要注目ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする